京都甘味処案内を中心に大の京都好きが送るグルメときどき観光ブログ 京都食べる>大人の京都
TOP > CATEGORY > 京都食べる
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


茶寮都路里・高台寺店限定「お茶芽ソフト」  

2013年08月10日 ()
京都からこんにちは! * 地域情報
祇園の本店も、高台寺店も、東京の汐留店も、とにかくいつでも大行列な茶寮都路里。
いつでも大行列だから並んでいない時は入らなきゃ損な気分で突入してしまいます。(笑)
今回も並んでなかったので考えることなく突入~!!@高台寺店。

高台寺限定メニューのお・茶・芽ソフトをオーダーしました。
「殿」と「姫」と名づけられた抹茶ソフトクリームの価格は殿が893 円で姫は872 円なんだけど、セットで頼むと1680円になるのだっ。

「殿」はほうじ茶ゼリーと小倉あんが入ってます。
200704141332000.jpg

200704141333000.jpg
きな粉もかかってて見た目には甘そうじゃないんだけど、食べてみるとあんの分だけ甘い。(^_^;)

「姫」は抹茶ゼリーと白玉団子入り。
200704141330000.jpg

200704141333001.jpg
抹茶味のパリパリおせんべいもとっても美味しい。
「殿」に比べるとこっちは実にさっぱりで甘くないのだ。
なんだか「殿」と「姫」のネーミングを逆にしたほうがしっくりいくような気がしないでもない。(笑)

ここの抹茶ソフトは抹茶が濃いからほんっと美味しい♪
男性のファンが多いのも納得です。

京都のたくさんの名刹の中でも高台寺が一番好きな私。
大好きな高台寺にこれまた大好きな茶寮都路里があるのは最高~♪
茶寮都路里高台寺店は高台寺の西側に続く「ねねの道」の京・洛市内にあります。


「茶寮都路里・高台寺店」
京都市東山区高台寺ねねの道
京・洛市内
営業時間 11時~18時(LO.17時)
(季節によって変更あり)
定休日:不定休
TEL:075-541-1228


にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2013.08.10(Sat) 09:07] 京都食べるTrackback(1) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


壹銭洋食の店 

2009年03月10日 ()
B級グルメ * グルメ
もうすぐ桜のシーズンですね。
桜の京都は人がいっぱいでホテルはもちろん食事のお店の予約も大変。

京都へ行くとどうしても京都らしさを楽しみたくて、食事は奮発しちゃうっていわゆるB級グルメはどうしても見落とし勝ち。
そんな私が以前からチェックしてたB級グルメがこの壹銭洋食。
祇園にありながらなんだか怪しげなお店で興味津津。(笑)

壹銭洋食は大正時代末~昭和初期にかけて流行ったものらしく、お好み焼きのような関西で言うイカ焼きのような・・・なんとも微妙な食べ物。
200705011717000.jpg

薄いお好み焼きの種に九条ネギ、細切り牛肉、コンニャク、卵、桜エビ、ちくわを乗せて焼いて半分に折りたたんだもの。
ウスターソースをかけて食べるから、味はあっさりしたお好み焼きって感じかな。


とろとろの半熟卵がとっても美味しい♪
200705011721000.jpg

見た目よりボリュームがあるから一つ食べたらお腹いっぱい。
京都らしくないと言えばそうなんだけど、京都が関西なんだぁ~ってよくわかる食べ物ですね。

面白いと言えば、壹銭洋食そのもの以上に面白いのがお店の中。
意味不明なインテリアがかなり笑える。
200705011700000.jpg

物静かな知らない和服のおばさんと相席できちゃいます。(爆)

200705011700001.jpg

っでメニューはこれ。
200705011711000.jpg

開くと中はこうなってる。(笑)
200705011711001.jpg


壁一面にかかってる絵馬もかなりすごい。(^_^;)
とにかく異色な京都!
一度行ったら忘れないお店でございます。(笑)


「壹銭洋食の店」
京都市東山区祇園四条通縄手上ル
営業時間:11時~午前3時(日曜、祝日は10時半~22時)
年中無休
TEL:075-533-0001


にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.03.10(Tue) 13:52] 京都食べるTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


茶寮ぎょくえん 

2008年07月31日 ()
京都・奈良 * 旅行
京都のカキ氷といえばここ。
「茶寮ぎょくえん」です。
67fa.jpg
とにかくここのカキ氷は一度食べたら忘れられない!
従来のカキ氷のイメージを覆すカキ氷なのです。
どうやったらこんなカキ氷ができるんだろう?って思うぐらいふ~わふわ。
舌触りもやわらかくてとってもシルキー。
口の中に入れると冷たさを感じる間もなくほわぁ~っと溶けちゃいます。

私のおススメは「黒蜜ミルク」に白玉団子のトッピング♪
cede.jpg
ほわほわの氷に黒蜜とミルクのWの甘さが絶妙。
決してキツイ甘さじゃないのはこの氷がバランスをとってるからなんだろうなぁ。
a156.jpg
写真ではこのカキ氷の質感がうまく伝えられないのが残念。(T_T)
白玉も氷の中に埋まってても固くなったりしていません。

これは宇治金時。
e260.jpg
お抹茶の濃いこと!
お抹茶そのものを口に入れてるような味と香りです。

カキ氷って食べてるうちに底の方が固まってきて最後は液体になっちゃうけど、ぎょくえんのカキ氷はそうはなりません。
何故って、固まったり液体になる前に完食できちゃうから。(笑)
とにかく軽くてやわらかくてふわふわ。
カキ氷独特のあの頭に抜ける「キンキン感」が全然無い。

時間をかけて細かく細かく氷を削っている為、注文してから出てくるまで少し時間がかかるけれど、絶対に食べる価値ありのカキ氷です♪


English

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


「茶寮 ぎょくえん」
京都市中京区先斗町北突き当たり
営業時間:14時~21時半
定休日:木曜日
TEL:075-231-8353

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.07.31(Thu) 11:55] 京都食べるTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


三丘園 

2008年07月20日 ()
京都・奈良 * 旅行
三丘園(さんきゅうえん)は、宇治茶(京都府、滋賀県、奈良県、三重県の宇治川、木津川水系の地域で採れたお茶)のみを使ったお茶やスイーツが楽しめるお店です。
200707211352000.jpg

お昼過ぎの早い時間に行ったので、人気商品の「あります看板」もまだ全部並んでいました。
お店に入ったところがショップになっていて、その奥がカフェになっています。
ちょうど中庭に面した席が空いていたのでそこに座りました。
涼しい風が通り抜けていく京町家の作りに関心させられる席です。

まず初めに抹茶マカダミアチョコレートがいただけます。
スイーツのお通しってところかな。

私は三丘園の看板メニューの一つ、抹茶プリンと煎茶のセット。
暑かったので冷茶にしました。
200707211406000.jpg

楽しみにしていた抹茶プリンは驚くほどしっかりしていて固め。
抹茶の美味しさがいっぱい詰まってて濃厚。
一度食べたら病み付きになる味です。

セットでついてくる抹茶わらびもちは、プリンとは対照的な涼しげで爽やかな味。
煎茶は二番茶もいただけます。

こちらは抹茶わらびもちと濃茶のセット。
200707211406001.jpg

抹茶わらびもちに添えられた丹波大納言が大粒でやわらかくてとってもおいしい。
抹茶カステラもついています。

長居していく人が多いという話通り、とっても居心地がよくてそのまま横になりたい気分。
三丘園はそんなお店です。

午後3時頃になると混んでくるので、ちょっと早めに行くのがおススメです。


English

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


「三丘園(さんきゅうえん)」
京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町
営業時間:11時~18時
定休日:木曜日
TEL:075-351-3361

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.07.20(Sun) 22:05] 京都食べるTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


野あそび 

2008年07月16日 ()
おこしやす!京都 * 地域情報
室町通りにさりげなく佇んでるお店「室町遊酒庵 野あそび」。
200707211154000.jpg

ここにこのお店があることは知らずに、ふらふら歩いていて偶然みつけました。
まだランチタイム前だったのでお店の前から電話するとランチの最後の一組でギリギリ予約がとれたというなんともご縁のあるお店になりました。(笑)

築100年の町家を改装したお店は思わず足を止めて見入ってしまいます。
道からお店の入り口までは野の花がいっぱい植えられていて、立ち止まるとお花いっぱいの野原にいる気分。
店内に入ると、一階は掘りごたつ式になった大きなカウンター席。
二階はお座敷になっています。

ランチメニューの野あそび膳をいただきました。

ごま豆腐、生麩の白和え、ヒラメの巻物。
200707211201000.jpg

まぐろの山掛けとアカイカのお造り。
200707211215000.jpg

冷たい茶碗蒸し(!?)。
200707211221000.jpg

鮎素麺。
200707211232000.jpg

蓮根すり流しと穴子のしょうがあんかけ。
200707211243000.jpg

鱸の山椒焼き。
200707211250000.jpg

麦とろご飯。
ご飯は目の前で土鍋で炊き上げられます。
200707211251000.jpg

デザートはレモンシャーベットとお汁粉。
お汁粉には白玉が1つ入っています。
200707211309001.jpg

200707211309000.jpg

レモンシャーベットは固さが絶妙。
溶けすぎることもなく固すぎることもなく、ほんとに食べやすい固さです。

お料理が美味しかったのは言うまでもないんだけど、ご主人や女将さんのお人柄も素敵。
こういうお店があるのが京都の大きな魅力ですね。
大人同士しっとり楽しむのにおススメなお店です。


「室町遊酒庵 野あそび
京都市中京区室町通御池上ル御池之町309(西側6軒目)
営業時間:12時~14時半、17時半~23時
定休日:日曜日、祝日、年末年始
TEL:075-257-5800

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.07.16(Wed) 13:55] 京都食べるTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カテゴリー

最近の記事

タグ

プロフィール

リンク

FC2カウンター

ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

あし@

京都甘味処案内を中心に大の京都好きが送るグルメときどき観光ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。